マルチタスクは疲れやすい

短時間の作業がおすすめ

長時間、マルチタスクを続けるのはおすすめできません。
体力を消耗して、次第に作業効率が悪くなります。
短時間だけの作業であれば、疲れが溜まることはないでしょう。
どうしても長時間の作業になってしまう際は、休憩を挟んでください。
疲れたと感じたら、すぐ休んでください。
体力を回復させながら作業することで、ずっと効率の良い作業が続きます。

マルチタスクは、仕事が早く終わると言われています。
ですが無理をすると身体に負担を与えるので、注意点を守ってください。
疲れが溜まっている状態で作業を進めると、効率が悪い上にミスが多くなります。
ミスの修正もしなければいけないので、さらに面倒な手間が増えます。
休憩は、とても大事です。

デスクの上を片付けよう

集中力が途切れると、それ以上マルチタスクが進まなくなります。
なかなか同時進行で作業ができない場合は、まずデスクの上を見直してください。
余計なものが、散らばっていないでしょうか。
いらないものは、すべてしまってください。
デスクの上は、なるべくスッキリさせることを意識しましょう。
仕事に必要なものだけ出していれば、無駄に散らかることはないはずです。

片づけてから、再びマルチタスクに臨みましょう。
集中力が向上している時は、同時進行でも作業をスムーズに進めることができると言われています。
他にも、集中力を高める方法がいくつかあります。
マルチタスクが苦手だと感じている人は、そういった方法を試してみると良いでしょう。