メールの返信作業をマルチタスク化

会議中を有効活用しよう

作業の同時進行が苦手な人は、会議中を狙ってみてはいかがでしょうか。
会議中であれば、他の仕事を進めやすいと言われています。
メールの返信などの簡単な仕事なら、その時間に済ませましょう。
すると会議が終わってから、すぐ他の仕事に取り組めるので効率が良いです。
メールの返信なら簡単な作業なので、話を聞きながらでもできます。

会議中に別の仕事をするのは良いですが、そちらにばかり集中しないように注意してください。
話を聞いていないと、内容を一切理解できないので今後の仕事に悪影響を与えます。
ですから、あまり難しい仕事は会議中にしないでください。
メールの返信作業などの簡単な仕事を、この時間に済ませるのがおすすめです。

すぐ返信する意識を持とう

仕事中にメールが届いたら、すぐ返信する意識を持つのも良いですね。
するとメールが溜まって、あとから時間を掛けて返信する手間を省けます。
パソコンを使いながら作業している時に、メールを知らせてくれる機能があります。
便利な機能を、有効活用してください。
また、大事な取引先のメールにだけ返信するのも良いですね。
重要な内容のメールなら、早く返信した方が良いです。

それなら、取引先のメールだけ知らせてくれる機能を使いましょう。
様々な機能を使うことで、返信作業がずっと楽になります。
これもマルチタスクの一環なので、作業がスピードアップします。
これまで仕事の時間が短くて困っていた人は、メールの返信作業を工夫しましょう。