マルチタスクで仕事は本当に捗るのか

マルチタスクを心がけよう

複数の仕事を同時に進めよう

複数の作業を同時に進めるのは、意外と難しいです。 まだ慣れていないのに、3つの仕事を進めようと思っても、できない人が多いです。 まずは2つの仕事を進めてください。 作業に慣れたら、数を増やしましょう。 2つの仕事も同時にできない場合は、組み合わせを変えてください。

メールの返信作業をマルチタスク化

仕事の中に、メールの返信作業が含まれている人が多いと思います。 作業自体は単純で簡単ですが、メールの数が多いと仕事を終わらせるまで時間が掛かります。 メールの返信作業は、マルチタスク化しやすいと言われています。 他の作業と同時に進めて、時間短縮を心がけましょう。

マルチタスクは疲れやすい

2つの仕事を同時に進めるのは、体力を消耗します。 ですからマルチタスクをするのは良いですが、長時間しないように意識してください。 集中力が途切れないよう、デスクの上を片付けるのも良い方法です。 自分で工夫することで、集中力を高めることができます。

少しずつマルチタスクに慣れる

マルチタスクをすれば、仕事のスピードが早くなります。
効率良く仕事を進めたい時は、マルチタスクを意識してください。
マルチタスクは、同時に2つ以上の仕事をすることです。
最初は慣れないので、作業が逆に滞るかもしれません。
できることから、初めてください。
いきなり3つや4つの仕事を、同時に進めようとするのはやめましょう。
まずは、2つの仕事を進めてください。
また同時に進める仕事の、組み合わせを変えるのもおすすめです。

会議をする時に、パソコンを持ち込んでメールのチェックをするのも良いですね。
そのぐらいだったら、できるかもしれません。
メールの返信は簡単な作業ですが、たくさんの人と関わっている時は、返信するだけで時間が掛かります。
マルチタスクを意識することで、メールの送信に時間を掛けることがなくなります。
またメールが届いたら、そのたびにチェックすることもマルチタスクに繋がります。
こまめにメールの返信をすれば、溜まりません。

確かにマルチタスクは、仕事の効率を高める時に良いと言われています。
ですが脳をかなり使うので、疲れる人が多いです。
工夫することで、マルチタスクの負担を減らすことができます。
集中力が途切れないよう、仕事に関係ないものは視界に入らないよう片付けましょう。
今の仕事に関係あるものだけ、出してください。
また、作業時間はなるべく短くしましょう。
長く仕事をしていても、集中力がなくなって効率が悪くなります。